プライバシーマークの仕組みと概要について

プライバシーマークとは、
一般財団法人日本情報経済社会推進協会が

個人情報を適切に取り扱うことのできる企業や
団体を審査し認定する制度です。

1998年4月より付与が開始され、
認定を受ければこのマークをパンフレットや
ウェブサイトなどで使用することができ、

個人情報の安全な取り扱いを
社会にアピールすることができます。

プライバシーマークの
取得にあたっては、

日本工業規格のJIS Q 15001に適合した
個人情報保護体制を構築
運営していることが必要です。

ISMSとプライバシーマークの違い

この規格は、
個人情報取得の際には本人の同意を得ること、
個人情報を利用目的の範囲内で取り扱うこと、

個人情報を適切に管理することなど、
それぞれの段階ごとに詳細な要求事項が定められており、

これらは個人情報保護法における
個人情報取扱事業者の義務よりも厳格なものとなっています。

プライバシーマークには
楕円のデザインが用いられているのですが、

この楕円には個人情報やプライバシーが
保護されているという安心感や自由さが表現されています。

現在では10000社以上がこのマークを取得していますので、
身近にある企業のホームページやポスターなどを
一度探してみてはいかがでしょうか。

プライバシーマークコンサル会社比較ナビ